本文へスキップ

株式会社ジー・エム・エスではMemCalc解析システムをご案内しております。

株式会社ジー・エム・エス

LRR-03SERVICE&PRODUCTS

メモリー心拍計

PDFカタログ

心電波形から1心拍毎のR-R間隔データを高精度(1ms)で算出・記録する心拍計です。
心電の入力は、被験者に電極を貼り付けて測定できますが、モニターなどのアナログ外部出力端子から入力することも可能です。



コンパクトで省エネタイプ、測定場所を選びません

単三電池2本で駆動する小型軽量な装置のため移動が容易で、外来・病棟・往診など場所を選びません
心拍変動を有する患者の心拍変化(心拍数及びR-R間隔とそれを数値化した指標)の観察をします。
心電図アナログ波形入力が可能です。
TLL信号入力が可能です。

従来にない多大な情報と分解能

最大300,000拍のR-Rを測定し保存します。
R-Rは1KHzでサンプリングします。

パソコンとの拡張が可能

Windowsパソコンとの接続が可能です。
測定したデータはパソコンにつないでモニター画面で見ることができます。
USBポートからデータ出力が可能です。
パソコンの指令によりデータを取り込みながらのリアルタイム解析が可能です。
(オプション)MemCalc/Tarawa、MemCalc/Bonaly Light、MemClac/Q-Tch
心電図波形のアナログ出力端子によりMemCalc/Tonam2C等のリアルタイム解析プログラムに接続可能です。
オプションのMemCalcを使用することにより容易にスペクトル解析ができます。

仕様

心拍数表示:検出感度 0.3から10mv、表示範囲 0から240回、HR表示
R-R間隔表示:計測範囲 200から4096ms(1ミリ秒単位)
処理データR-Rメモリー数:300,000拍
サイズ:H90 W135 D35mm
重量:300g(電池含む)
電源:単三電池2本もしくはUSB

製造:アームエレクトロニクス株式会社